2006年03月06日

肝臓を温める古典的方法〜腹巻き

ぜんそくやアトピーの発作は、夜間に起こりやすいのはご存知でしょうか?

この原因のひとつに冷えがあります。

人体における熱の発生源は筋肉です。

寝ている間は、昼間起きているときのようには、当然ながら筋肉は

働かないので、熱が発生しません。


特に、最大の熱発生源である下肢の筋肉からの熱発生が少なくなるため、

下肢から心臓に戻る血液の温度が低下します。

下肢からの血液は、心臓に戻る前におなかを通過し、

その結果、おなかが冷え、腸の働きが悪くなります。

寝返りをうって、布団をはねのけて、おなかが出てしまう場合もあるでしょう。


ぜんそくや、アトピーの発作には、こうした冷えによる腸の働きの低下が一因

であるようです。

それと、同時に体の解毒を担当する器官である肝臓も、アレルギー発症に

大きく関わっています。

肝臓の負担を減らすことは、肝臓の悪い人だけではなく、

ぜんそく、アトピー、花粉症を改善するためにも大切なことなのです。


寝ている間に肝臓をいたわる方法とは・・・。


古典的な方法ですが、腹巻きを着用しましょう。

腹巻きは、腸の働きを助けるだけでなく、肝臓を温めて血流をよくし、

肝臓の解毒作用を高めてくれます。





posted by KAZ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

肝臓病の症状、予防、治療、肝臓に良い食品
Excerpt: このサイトで紹介している食品をバランスよく食事に取り入れることによって、あなたの
Weblog: http://blog.livedoor.jp/kanzoujouhou/
Tracked: 2007-04-17 16:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。