2006年02月10日

本の紹介

今日は本の紹介をします。


C型肝炎といわれた人へ 改訂版 小学館文庫
C型肝炎といわれた人へ 改訂版 小学館文庫
C型肝炎といわれた人へ 改訂版 小学館文庫
小学館
price : ¥560
release : 2005/02

C型肝炎でインターフェロン治療を始める人に

内容はQ&A式になっており、素人の私にも大変わかりやすい言葉で書かれていました。
C型慢性肝炎でインターフェロン治療をこれから始めらる人や考えられている人にお薦めの1冊です。インターフェロン治療は、48週が標準で、約1年間の長丁場の戦いです。
治療は、医者に任せるべきですが、インターフェロンの治療を始めると個人差はありますが、大なり小なりの副作用が出てきます。
予備知識があれば、副作用への対応も楽で無用な心配もしなくて済みますし、主治医の病状説明や今後の治療方針も理解しやすくなります。
これだけの内容で、コーヒー代程度の値段とは・・・・
絶対お薦めの1冊です。
敵を知り、己を知り、C型肝炎ウイルスを体内から追い出しましょう。
posted by KAZ at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 関連書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの本もってます。医学部の学生が、生協でうってるので、って1冊くれましたよ。
Posted by えりこ at 2006年02月13日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13094594

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。