2006年02月07日

ビワの種の煮豆

ビワの種は、生で食べるのが一番薬効も高いのですが、

やはり固いので食べにくいです。


そこで、煮豆のように長時間かけてやわらかく煮ると、

おいしく食べやすくなります。


火を加えることで、アミグダリンもある程度とんでしまいますが、

その分柔らかい効果を得られます。



急激に効果が現れると、反応も大きく、のぼせることもありますから

敏感な方は、丁度いいくらいかもしれません。


今の時期ですと、ストーブにかけて土鍋でじっくり柔らかくなるまで

煮ると、うまくできるでしょう。


posted by KAZ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12934930

この記事へのトラックバック

ビワ
Excerpt: ビワ|- style=
Weblog: 知っている果物基礎知識
Tracked: 2006-02-13 18:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。