2006年02月02日

ビワの効用

以前、肝臓を温める、という話で、ビワの葉を利用する方法を

書きましたが、ビワの葉は、自然療法では万病の薬であり

本当に何にでも効くすばらしい自然の薬です。


ビワの葉には、ガン細胞を正常な細胞に変えるアミグダリンが

大量に含まれているのです




実は、




ビワの種はもっとすごくて葉の1300倍ものアミグダリン


を含んでいるのです。


次回、ビワの種の効用について、詳しく書いてみたいと思います。





posted by KAZ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12652970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。