2006年01月18日

肝臓に負担をかけるもの 油脂

肝臓に負担をかけるもの



肝臓にとって、最大の負担となるのは、油脂と化学物質です。


油脂が体内に入って、分解され、再合成される過程で

肝臓に大きな負担がかかってくるのです。


特に、バターやマーガリン、ラードなどの不飽和脂肪酸は、

処理に大きな負担がかかります。

揚げ菓子、油を使ったスナック類は毒物に近いレベルで

肝臓に負担をかけてしまいます。


煮干や、魚の干物などは健康によさそうですが、

これらの過酸化脂質も、肝臓にはよくありません。


また、すばらしい栄養素を含むゴマも酸化しやすいので注意が必要です。


天ぷらや、揚げ物の惣菜などで、古いものは

極力避けるようにしてください。


posted by KAZ at 07:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/emsdpr/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/emsdpr/?mode=edit&title=%3F%3F%3Ft%3Fv%3Fi%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3Fj%3F%60%3F%3F%3F%3F%3FE%3Ft%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3Fu%3F%3F%3FO&address=http%3A%2F%2Fkanjin%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/emsdpr/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2006年01月19日 07:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11855139

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。